常に原点。 (キーオブライフ)

2008.07.16 Wednesday
0
    キー・オブ・ライフ
    キー・オブ・ライフ
    スティーヴィー・ワンダー





    久々に、聴きました。

    名盤中の名盤、「キーオブライフ」。


    とある生徒の練習曲として、このアルバムから1曲推薦する事になり、

    聞かせてあげようと思ったら・・・・・、


    随分以前に、誰かにこのCDを貸してあげたまま、帰ってきていない事に気付き・・・、


    しかし、「無い」となるとどうしても聴きたい!


    でも、買いなおすのはなあ・・・、



    何故かと言うと、このアルバム2枚組みなんですが、何とも苛立たしい事に、そのうちの1枚だけが帰ってきていないという、・・・。




    なので・・・・・、



    レンタルする事にしちゃいました!




    そして、改めて聴きなおしてみると・・・・、


    「感動!」

    「やっぱ、すごい!」






    ・・・・・すみません、

    「これ、美味しいですね〜」と、

    気の利いた表現が全く出来ないグルメリポーターみたいなセリフで。


    どれほどスゴイと思っている人がいるのか知りたい人は、

    アマゾンのクチコミ欄をご覧頂ければ良いのではないかと思います。

    みなさん、もんのすごい語ってらっしゃいますので。





    私の、このアルバムの思い出と言えば、

    28歳の時、引越しした日の「翌日の朝」です。


    引越ししたばかりなので、家全体がダンボールの山。

    自分の部屋もモチロンの事、ダンボールをほどききれていない状況の中、

    ステレオだけはいつでも曲が聴けるようにセッティングし、

    CDもすぐに出せるように箱を開けておき、

    なんとか布団を1組ひけるだけのスペースを作って眠りました。



    そして、翌日。

    初めての朝。



    目が覚めたら、まずステレオの電源を入れました。

    とりあえず、音楽が無ければ生きていけない性分なので、

    目が覚めたら絶対何か曲をかけるというのが日課だったもので。



    CDを聴こうと、ぱっと手に取ったアルバムをすぐにかけました。




    それが、この「キーオブライフ」。


    その1曲目「Love's in need of love today 」






    この曲を聴きながら、


    初めての朝を向かえ、


    これから始まる新たな生活に


    大きな大きな期待感を持った感覚を今でも覚えています。


    「あぁ、今日から始まるんだ・・・・。」と。





    今回、レンタルで借りてきて、和訳を見てみると、


    邦題は、「ある愛の伝説」と書いてありました。



    Love's in need of love today

    愛が、愛を必要としている。



    と、訳されてありました。



    その当時、歌詞の意味は、さほど気にせずに聴いていたけれど、

    彼のメッセージは、確実に私に伝わっていたと・・・・、

    今になって思いました。



    私の好きな言葉のうちのひとつに、


    「日に新た、また日に新た、日に新た。」
    (ひにあらた、またひにあらた、ひにあらた)


    という言葉があります。


    毎朝、毎朝が、あの時の引越しの朝であるように、

    いや、もっと清々しい朝を毎日迎えられるように、



    心がけたいと思います。



    ロサンゼルス直輸入の発声法
    「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
    「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

    http://tapua-vts.com








    音楽を語ってる?comments(0)trackbacks(0)|-|-|by Misa

    感動!マイケル兄さん。

    2008.05.03 Saturday
    0
      最近新しくお友達になったipodちゃんに、いろんな曲をほりこんでいる毎日なのですが、

      そういう作業をしている関係で、

      「昔はよく聴いていたけれど、ここ何年も全く聴いていません」

      という曲達に久々の再会をしまくっているのです。


      それがもう新鮮で新鮮で・・・。


      そして、感動&感動で・・・。


      特に、これにはヤラれました。


      Bad
      Bad
      Michael Jackson



      もうね、やってくれます。「マイケル兄さん」はっ。


      何がスゴイって、恐れ多くて語れませんよ。

      語る権利などないと思ってしまうくらいスゴイ。


      私達がレッスンしているメソッドが、ここにも通じているんだという事も大いに再確認できました。


      ヴォイストレーニング万歳!



      ロサンゼルス直輸入の発声法
      「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
      「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

      http://tapua-vts.com
      音楽を語ってる?comments(2)trackbacks(0)|-|-|by Misa

      べーちゃんトリオ♪

      2008.03.04 Tuesday
      0
        いやぁ〜、今日は久々に良いライブ見ましたよ。

        「べーちゃん」こと、ジャズピアニストの「阿部篤志」さんのトリオライブです。

        いつもスクールの発表会でお世話になっている、ドラマーの小林亮(こばやしあきら)さんが、このトリオのメンバーなもんで、お誘い頂きまして行ってまいりやした!


        またまた、会場も、3月27日にスクールのライブをやるとことおんなじ、

        「フラミンゴ ジ アルーシャ」だったので、

        グッドタイミング!でした。


        会場に着いて、オーナーと2人で席に座っていると、何と、うちのスクール生に遭遇!

        見つけちゃったんだもの、仕方が無い、強制的に私たちの隣のテーブルに座らせられました。あはは。


        ライブは2部構成で、1部はジッと聴きこむといった感じの構成だったのですが、

        休憩をはさんで2部からは、

        「お客様からお題をもらって、その言葉から受けたインスピレーションで、その場で作曲し、それを演奏するコーナー!」


        みたいな、何とも面白いコーナーが始まりました。


        もう、むっちゃワクワクしてしまった。


        突然、ドラムの小林さんがマイクを持ち出してMCを始めたかと思うと、


        「お題何かないですか〜〜〜?」


        とリクエストを聞き始めました。


        3月3日だけあって、

        「ひなまつり〜」

        という人があったりなんかして・・・。


        そんな中、


        はい、タプアオーナー、


        出番ですわ。


        デッカイよぉ〜くとおる声で、


        「はいっ!"地球温暖化〜〜〜〜〜"」



        すると、そのお題に決定してしまいまして、


        即興で、「地球温暖化」という素晴らしい曲を、約3分そこそこで五線譜に書き上げてしまいはったのです。


        そして、その譜面をコピーし、

        コピーが仕上がったら、即演奏。


        いやぁ〜、すごい!

        そして、むっちゃ楽しかった。

        そして、興奮してしまった。


        その即興加減にも、

        曲の美しさにも。


        実はこのライブ、明日3月4日も同じところであるんです。

        2DAYなんですって。


        まだ、チケットはあるそうですから、


        ご興味のある人、

        音楽の勉強をしたい人、

        カワイイお姉ちゃんを口説きたい人、


        どうぞ行って下さい。

        絶対GETできます。(←何を?)


        ↓ライブ詳細はコチラをご覧下さい↓
        http://www.flmg.jp/schedule/item_517.html


        そして、ライブが終了して、みんなで記念撮影!

        be-chan

        携帯で撮ったので、室内が暗い為、ピンボケもエエとこですが。


        今回、阿部さんの初アルバムリリースで、アルバム発売記念ツアーでもあるという事で、1枚買わせて頂きまして、おまけにサインまでもらいまして・・・(小林さんにもサインもらいましたよ!笑われたけど。)


        満腹!満腹!のライブでしたとさ。





        ロサンゼルス直輸入の発声法
        「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
        「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

        http://tapua-vts.com
        音楽を語ってる?comments(0)trackbacks(0)|-|-|by Misa

        「American National Anthem」比較 〜その3〜

        2008.02.15 Friday
        0
          え〜、American National Anthem比較、

          本日は、Faith Hill。

          私は正直、このアーティストの歌は聞いた事なかったのですが、

          (いや、以前生徒さんが、彼女の「CRY」という曲を課題曲にしていた事があったぞ!今思い出した!)


          この映像を見て、もんのすごい興味を持ちました。

          American National Anthemの動画の中で、一番感動したのはこの人です。

          では、とにかくご覧下さい。






          口の開け方や舌のポジションが何とも素晴らしい。

          生徒の皆さん、彼女の口元をじっくり見て下さい。とても参考になると思います。

          American National Anthem比較は、連続3回で一旦休止しまして、またいつかイイのを見つけたらご紹介しますね。


          次回からは、通常ブログに戻しマッスル。ムキッ!!



          ロサンゼルス直輸入の発声法
          「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
          「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

          http://tapua-vts.com
          音楽を語ってる?comments(0)trackbacks(0)|-|-|by Misa

          「American National Anthem」比較 〜その2〜

          2008.02.13 Wednesday
          0
            「American National Anthem」比較。

            本日は、Destiny's Child.






            ソロもいいけど、こういうのもイイですね。

            やっぱ、ビヨンセ綺麗わぁ。

            だんだん顔が変わっているような気が・・・。


            ロサンゼルス直輸入の発声法
            「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
            「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

            http://tapua-vts.com
            音楽を語ってる?comments(0)trackbacks(0)|-|-|by Misa

            「American National Anthem」比較。

            2008.02.11 Monday
            0
              最近、you tubeで、アメリカ国歌を歌っている映像をたくさん見て、それぞれに個性があって、それぞれに全く違う良さがあるなぁと思いました。

              今日から順番に、私の独断と偏見により選んだ映像をご紹介したいと思います。

              (携帯電話から読んでいる人、またまたごめんねシリーズですね。)



              まずは、Carrie Underwood から




              彼女はアメリカンアイドル出身のカントリーシンガー。


              限りなくストレートな声が、ものすごく気持ちいいですね。

              アカペラでこんだけ歌えるというのは素晴らしい!




              さて、明日は誰の動画にしようかな・・・。


              ロサンゼルス直輸入の発声法
              「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
              「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

              http://tapua-vts.com
              音楽を語ってる?comments(3)trackbacks(0)|-|-|by Misa

              黒人演歌歌手「JERO」〜ジェロ〜

              2008.02.05 Tuesday
              0
                本日は、基本的に「ごめんね、動画なの」シリーズでございます。

                携帯から閲覧されている方、動画見れなくてごめんなさい。


                さて、本日は、最近何やら話題の新人アーティストのご紹介をしたいと思います。



                jero
                ↑黒人演歌歌手「JERO」2月20日デビュー


                先日のどうぶつ病院にクーを連れて行った時に、たまたま待合室のテレビで見かけたのですが、どこからどうみても「HIPHOP系」のイデタチの彼が、歌うのは「ド・演歌」。


                まぁ、こちらをご覧下さい。






                彼のプロフィールを引っぱってきました。


                日本人である祖母の影響を受け、幼少より演歌を聴き始める。
                そして、大好きな祖母を喜ばせる為に自分でも演歌を歌い始めるうちに、
                自分自身が演歌の虜となる。
                その後、名門ピッツバーグ大学に進学し、情報科学を専攻。
                優秀な成績を収め、コンピュータエンジニアとして周囲から将来を嘱望される。

                だが、その一方で演歌の魅力にますますとりつかれ、
                ついに2003年、演歌歌手になる為に来日。
                来日して2ヵ月後にはNHKのど自慢に出場し、いきなり合格。

                その後、コンピュータエンジニアとして仕事をする一方で、
                各地のカラオケ大会で数々の優勝・準優勝を獲得。
                アマチュア演歌歌手として精力的に活動を続けているところを、
                ビクターエンタテインメントがスカウト。

                2年に及ぶボーカルトレーニングを経て、
                2008年2月シングル「海雪」でビクターエンタテインメントよりデビュー。 一聴しただけでは日本人としか思えないその歌声は、
                初めて聴いた者すべてを驚愕させる。
                日本人以上に日本人の心を持つジェロの登場は、
                2008年最大の衝撃である。






                どうですか、これ。

                ワタシも彼の歌っている映像を見て、

                正直最初は笑うしかなかったのだけれど・・・、

                何か、熱い感じが伝わってきましたね。

                「演歌」なんだけど、新しいジャンルと言ってもいいような気がします。

                世の中が、彼の事をイチビったような取り上げ方だけは

                してあげて欲しくないなと思いますが・・・。



                でもね・・・・、

                これがもし、

                「日本人が着物を着て、R&Bを熱唱!」

                ってなったら、海外では受け入れてもらえるのだろうか・・・、

                なんて想像したりもしました。


                まぁ、着物まで着なくったってイイけど・・・。

                ジャパニーズの底力って凄いから、ゆくゆくは、

                「グラミー賞受賞日本人シンガー」

                がバンバン誕生する事は十分に可能性があると

                ワタシは思っとります!




                JERO君がもし大ヒットしたら、

                「演歌を歌いたいんです」

                っていう男性生徒さんが増えたりしてね。


                うちは、どんなジャンルでも問題ないっすよ!

                以前には、演歌歌手も民謡歌手もレッスンした事があるので、

                ジャンル関係ないっす。

                まっかせなさ〜い。


                ロサンゼルス直輸入の発声法
                「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
                「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

                http://tapua-vts.com
                音楽を語ってる?comments(5)trackbacks(0)|-|-|by Misa

                今年、初!の、動画なの。

                2008.01.12 Saturday
                0
                  携帯からこのブログを見てる人、

                  「ごめんね、動画なのシリーズ」でございます。


                  本日ご紹介するのは、私の敬愛するアーティスト


                  Oleta Adams

                  でございます。

                  アーティスト名を拡大、強調したくなるほどに、素晴らしい人です。


                  彼女を知ったのは、今から・・・・


                  ・・・・おおよそ15年ほど前でしょうか。(←かなりアバウト)


                  友人のベーシストからレコメンドされ、

                  アルバムを貸してもらったのですが、


                  あまりの歌の素晴らしさにショックを受け、

                  アルバムのライナーノーツを読んでは号泣したのを覚えています。


                  彼女はずっと長い間、ホテルのバーなどで弾き語りの仕事をしていて、

                  ずっとデビューする事を夢見て、歌い続けていました。


                  収入も少なく、払えない請求書が次々とやってきては、

                  「いや、でもいつか必ずデビューするんだ!」

                  と、ひたすら頑張り続けていたのだそうです。


                  そして、ある時、ホテルのバーでいつもどおり歌の仕事をしていた時、

                  たまたまそのホテルに宿泊した有名なアーティストが

                  そのバーにやってきて、彼女の歌を聞き、心の底からその歌に感動し、

                  「是非、プロデュースさせて欲しい」

                  と声をかけられ、見事デビューの夢をかなえたのです。


                  その時彼女の年齢は、決して若くはありませんでした。

                  本当に、もうあきらめようかと思い始めていたそうです。


                  それは、父親にも歌手の道を大反対され、

                  「早く就職するか、結婚しなさい」

                  と言われ続けていた事もあり、

                  精神的な葛藤の毎日だったのです。


                  それでも、あきらめなかった。


                  結局、デビューが決まった時には、彼女の父親は他界した後でした。


                  「父が生きているうちに、デビューしたかった」

                  「けれども、きっと天国でお父さんも喜んでくれていると思う」


                  と彼女は言います。


                  こんな、ライナーノーツを読みながら聴いていた曲、

                  それがこの動画「Get Here」です。




                  ライヴなのに、こんなに安定していて、

                  本当にCDのテイクと殆ど変わらない歌い方なのです。


                  久しぶりに聴いて、また感動してしまいました。




                  夢は、必ず叶う。


                  ただし、夢が叶うまでの時間は、

                  どれほどかかるものなのか、誰にもわかりません。

                  わからないから、

                  不安にもなり、

                  焦りもするでしょう。


                  けれど、

                  夢は、

                  時間をかけて熟成させましょう。

                  決してインスタントなものではないのです。


                  Oletaの歌を聴けば、

                  その意味がわかるはず。


                  時間をかけて、

                  決してゆらぐ事のない、

                  本当の実力をつけた時、

                  既に夢が叶っている事にも気付いていない自分が、

                  そこに居るんだと思います。




                  ロサンゼルス直輸入の発声法
                  「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
                  「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

                  http://tapua-vts.com







                  音楽を語ってる?comments(0)trackbacks(0)|-|-|by Misa

                  ごめんね。今日も動画なの。

                  2007.12.04 Tuesday
                  0
                    携帯から読んでる人、


                    ほ〜んとごめんなさい!今日も動画です。


                    でもね、どっかでパソコン借りてでも、是非見て欲しいんだ。これ。



                    ↑泣く子も黙る、「キャロルキング・ナチュラルウーマン」


                    あまりにも有名すぎる人であり、曲ですが、

                    何度聴いてもいいですね。

                    とっても切ない。


                    この人が、ミュージックシーンに及ぼした影響というのは計り知れません。

                    永遠なるスタンダードとして、歌い継がれていくのでしょう。


                    決して、歌のテクニックやら何やらという次元ではなく、

                    どこまでも心にしみてくるメロディーと歌声。


                    温かくて、優しくて・・・、そして、やっぱりどこか切ない。

                    この「切なさ」は、一体なんなのでしょうね。


                    夕暮れ時に聴きたい一曲です。




                    追伸:
                    若いときのキャロルキングの顔は、
                    若干「イチロー選手」に似ているなぁと思うのは私だけでしょうか。



                    はぁ、それもまた、切ない・・・。






                    ロサンゼルス直輸入の発声法
                    「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
                    「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

                    http://tapua-vts.com
                    音楽を語ってる?comments(3)trackbacks(0)|-|-|by Misa

                    ごめんね。今日は動画なの。

                    2007.12.03 Monday
                    0
                      本日は、私の尊敬するアーティストのひとりでもある、

                      「Giorgia」(ジョルジア)

                      をご紹介しましょう。

                      まずは、PCからしか見れないのだけど、こちらの動画をご覧下さいませ。

                      (携帯で読んでる人、ごめんね。)




                      ね、ね、どう?


                      美人で歌うまいって、どない?ちょっと。


                      「天はニ物を与えず」って言うけど、


                      イマドキの神様は、2つも3つも平気で与えるのね。(チクショー!)


                      顔は、整形なんかしたりできるけど、


                      歌のうまさを得るための整形手術ってのは無いからね〜。


                      皆さん、とにかく鍛えましょう!


                      声は鍛えれば必ず変化しますから!




                      ロサンゼルス直輸入の発声法
                      「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
                      「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

                      http://tapua-vts.com
                      音楽を語ってる?comments(0)trackbacks(0)|-|-|by Misa
                       

                      プロフィール サイト内検索
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      新しい記事 コメント
                      トラックバック
                      アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
                      qrcode
                      オススメ オススメ オススメ Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ