タプア・ソウルツアー 最終章!

2009.08.28 Friday
0
    皆さん、こんばんは!

    朝晩めっきり涼しくなりましたね。

    最近、風邪をひいたとレッスンをお休みされる生徒さんがチラホラいるんですが、このブログを読んでいるアナタはだいじょぶですか?


    え〜、タプアソウルツアーリポートも、今回で完結篇でございます。

    他のトレーナー達は、すっかりリポート完了しているのに、私だけ取り残されている〜!急がねば。



    ソウル滞在3日目は、ホテルに隣接している大型ショッピングモール、「コエックスモール」へ。


    それぞれ自由に過ごしてもらう事にしたので、オーナーと私は昼頃くらいまで部屋で爆睡し、ノソノソと起きて、モソモソと支度して、ダラダラとコエックスモールへと向かったのでした。


    kankoku27
    ↑コエックスモール内


    一通りモール内を徘徊した後、また近所にある現代百貨店へと移動。


    トレーナーのみんなが、遅めの昼食をとったというので、夕食の時間も遅い方が良いという事で、じゃあ、私たちも何か食べておこうか〜と、現代百貨店の地下フードコートにて、冷麺をツルツルっといただきました。(おいひかったでよ。)


    で、デパ地下にてお土産になりそうなものをいろいろと見てまわり、ここで韓国のりをGET。

    試食して、非常に美味しかったので、「何パック入ってんねん」っていうくらいまとめて買いました。安かった〜。

    その他いろいろなお土産を買って一旦部屋へ戻り、トレーナー達の部屋へ電話してみると、


    「まだお腹空いてません〜〜〜!」


    とな。


    私らも空いてへんのやけど、これどうしようか。


    実のところ、本日の夕食を何にするか全くのノープランだったのですが、お腹空くまでまだ時間がかかるだろうという事で、部屋でしばらく待機してもらっている間に、インターネットでパパッと検索!


    そこで見つけたお店がココよ!


    「小公洞トゥッペギチッ」


    「ソゴンドン・トゥッペギチッ」(←ついつい元気よく言ってみたくなるよね)


    って読むそうですが、


    なんと、ホテルから歩いてすぐの所にあるじゃ〜ないの!


    ビリー師匠から「*フードサイキッカー」と別名をもらったワタシの直感にピーンと来たわよ!


    *フードサイキッカーとは

    「お店の看板や外観を見ただけで美味しい店かどうかを見極める」という、MISAの特殊技能の事をいう。命名の由来は、タプアヴォイストレーニングスクール顧問のビリーパーネル氏が来日した際に、ビリー氏を食事にお連れしたお店が、どこもパーフェクトに美味しい店だったという事に感動し、「MISAはフードサイキッカーだね!どのお店もハズレ無しだよ!」と、言われた事から、スクール内でそのエピソードを知る人に「フードサイキッカー」と呼ばれるようになったのである。



    そろそろ胃袋に夕食をおむかえする余裕も出たところで、そのお店へとGO!


    お店に到着すると、すぐ日本人とわかってもらえたのか、「イラッシャマセ、ナンメサマデスカ?」(いらっしゃいませ、何名様ですか?)


    と、お店のオバサンが笑顔と共に日本語で話しかけてくれました。


    店内は、現地サラリーマン達でいっぱい。マッコリマッコリな感じで出来上がっていました。


    たいそう流行っているお店のようでしたが、ラッキーにも席が空いていたので、すぐに座れました。


    テーブルに着くと、日本語のメニューを出してくれたので、問題なく注文も完了。


    さてさて、何を食べたかっていうとね〜、



    kankoku3
    ↑海鮮チヂミ


    カキも入って美味かった〜〜〜!





    kankoku1
    ↑純豆腐チゲ


    辛かったけど、コクのある良いお味〜〜〜〜!!!



    kankoku2
    ↑タコの甘辛炒め


    も〜これ、ウマすぎよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!








    そのほかにも、たくさんたくさん、many manyオカズをね。テーブルに持って来てくれてね。さっきデパ地下のフードコートで冷麺食べてんのに、たまらなくなって白ゴハンをたのんじゃったわよ!




    kankoku4
    ↑お店でパチリ



    ちなみにこの写真、唯一ツアー中に撮ったタプアスタッフ全員集合の写真なのでした。(何やってんねん!)




    この集合写真にも写ってますけど、たくさんテーブルの上に小皿がのっているでしょ?これが料理を注文するとタダで出てくるオカズ群なんですよ。



    あるトレーナーは、このお店の料理がソウル滞在中で一番美味しかったとか。


    しっかりと夕食を堪能した後は、部屋へ帰ってスタッフミーティング。


    明日のタプア、来年、そしてずっとずっと先のタプアの事を、真剣に、そして大爆笑しながら話し合いましたとさ。(やはり、タプアに笑いの要素は必須ね)




    今回の旅をプレゼントさせてもらえた事、オーナーもワタシも心から嬉しく思います。

    タプアヴォイストレーニングスクールをスタートさせた時は、自分ひとりで何の考えもなく、ただひたすらガムシャラにやっていました。

    スクール設立13年目の今、こうしてスタッフと共にご褒美旅行に行けるようになるなどと、あの頃のワタシは想像できるはずもなく・・・、

    でも、今こうして現実にみんなで旅行に行ってきたんですよね。


    本当にありがたい事です。




    仲間がいる。


    仲間とチカラを合わせるという事ができる。



    これからもナンダカンダとあるのでしょうが、オーナーをはじめ、トレーナーのみんなと一緒に、生徒の皆さんにさらに上質なレッスンをお届けしたいと思ってます。

    タプアな日々を楽しみながら・・・・・。






    あ〜、ホントにいい旅行でした。



    どんなに素晴らしい旅行だったかって?



    最後にこのショットを見てもらえればわかると思います。







    kankoku28
    ↑ただいま〜!(関空にて)



    最高の笑顔で帰国しましたとさ。



    タプア・ソウルツアーリポート、これにて完結。


    お読み頂いた皆さん、ありがとうございました!




    ロサンゼルス直輸入の発声法
    「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
    「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

    http://tapua-vts.com
    タプア・ソウルツアーcomments(2)trackbacks(0)|-|-|by Misa

    タプア・ソウルツアー その5

    2009.08.27 Thursday
    0
      皆さん、こんばんは!

      本日も、タプアソウルツアーのリポートですよっ!

      エエカゲン終了したいのに、まだ紹介したい画像が残っている・・・・。


      ので、忍耐を持って書き進めたいと思います。(って読む方も忍耐いるわよねぇ・・・)



      さてさて、全身マッサージを受け、トロけてしまったタプアトレーナーズ3人組。


      デトックスした後は、せっかくなのでカラダに良いものを食べたいですよねっ。


      そう、コラーゲンたっぷり!

      そして、高タンパク!


      風邪の引き始めには絶大なキキメを発揮するアノ食べ物!



      kankoku22
      ↑正義の味方「サムゲタン」。



      鶏・一匹・丸々・ドボンッ!ですよ。


      スープもあっさりしてて、食べ放題のカクテキ(大根キムチ)と共に、ハフハフ言いながら喰らうのだッ!


      kankoku24
      ↑「熱っっっぅっ!!!」



      マッサージ終了後のタプアトレーナーズ3人組、


      「超ドスッピンでサムゲタンを食す」


      フォト公開。


      kankoku23
      ↑一応ちょっと小さめの画像にしときました。
      ※ちなみに清水トレーナーは、機嫌が悪いのではありません(^m^)




      ソウル滞在2日目、「あ〜、とっても満喫です!センセー!」と言ってもらえまして、オーナーも私も、非常に嬉しかったです。


      た・だ・し・・・・、


      明洞からホテルまでの帰りにタクシーを利用したのですが、超ボッタクリにあいました。あはは。(笑ろてる場合とちゃうケドね)


      通常の金額の約3倍は取られました。


      普段のオーナーなら、「ごらぁ!ワレ〜!」モードなのですが、せっかくの楽しい旅行で「ごらぁ!」もないやろと言う事で、グッと堪え・・・・・、

      いつかこのボッタクリタクシーの運ちゃんが心から改心して、マトモになりますようにと心静かに祈りましたとさ。(←オマエ、絶対ころ○たる!)



      さて、明日は3日目。そして最終日となるのでした。



      次回で最終章かなっ。


      もう少しだけおつきあい下さい。


      ロサンゼルス直輸入の発声法
      「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
      「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

      http://tapua-vts.com


      タプア・ソウルツアーcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by Misa

      タプア・ソウルツアー その4

      2009.08.24 Monday
      0
        皆さん、こんばんは!

        タプアソウルツアーの更新止まってましたですね〜。

        気が付けばもう8月も下旬ですがな。

        他のトレーナー達もそれぞれにブログアップしているので、良かったらそちらをご覧下さい。では!


        と言いたい所ですが。(マジで)


        ま、そーゆーワケにも行きますまい。


        引き続き、ちゃちゃっと楽しかった記憶をたどりつつ仕上げたいと思います。




        さて、ソウル到着2日目は、泣く子もダマるソウルの繁華街「明洞」へ。


        kankoku17
        ↑地下鉄にて移動中。


        宿泊しているホテルから、2号線にのって「ウルチロイック(乙支路入口)」という駅で下車。


        そして、本日最初のお食事は、こちら


        kankoku18
        ↑って、それを作っているところなんですが。


        ここのお店、ホボントーストと言いまして、普通の食パンをトーストした中にお好み焼きほど分厚い玉子焼きをはさんで食べるというものなのですが・・・・、


        結構なボリュームがあって、ひとつ200円くらいなんです。



        kankoku19
        ↑うひょ〜!



        と、3人さんも喜んでお召し上がりになっておられました。



        kankoku20
        ↑うへぇ〜!





        一緒に注文した「キウイのフレッシュジュース」は、とても美味しかったんだけど、「当分キウイはいりません」という気分に・・・、そしてもったいないけど飲み残してしまいました。お店の人にゴメンナサイ!



        さて、トーストでお腹を満たした後は、おめあての「コスメ・ショッピング」へ!


        最近はご存知の方もかなり多いでしょうが、韓国のコスメが良質で安いというので、どんだけのもんやね〜んと思いつつ店内に入ってみました。


        そして、結局の所、日本では到底買わないような種類と量のコスメをいっぺんにお買い上げ〜♪してしまった私。



        いくつもいろんなお店があるんですが、そのうちの1店舗で購入したものをご紹介しましょうか。


        kankoku25
        ↑こんなん。




        で、韓国のコスメショップでは、大量にオマケをつけてくれるという話しは良く聞いていたけど、



        kankoku26
        ↑これ全部タダ!



        ここまでオマケをくれるとは!



        最初の写真が、自分が「買ったもの」で、次の写真が「タダでもらったもの」ですよ。


        これ、関西人にはタマランですな〜。


        さて、怒涛のコスメショップ巡りも一段落ついたところで、トレーナーのお3人さんは、全身マッサージを受けに行く事に。


        私とオーナーは、その間セール中のブランドショップをグルグル巡る事にしました。


        そして、そろそろマッサージも終わっている頃かな〜という時間にマッサージ店へとお3人さんを迎えに行くと、まだ3〜40分はかかるだろうとの事。

        ものすごくサービスしてくれたみたいですね。


        ただ待ってるのもな〜という事で、足のマッサージだけ30分コースというのがあったので、マッサージをうけながら彼女達を待つ事に。


        kankoku21
        ↑う〜ん、そこ痛い。



        ちょうど、足マッサージコースが終了した頃に、お3人さんが、トロけたような表情で、マッサージ室から出てきました。


        「あ〜、ぎもぢよがっだ〜〜〜」


        と、大満足のご様子。


        皆さんにもご紹介しておきましょうか。「ミナミエステサロン」と言うお店です。


        日本語バッチリで、何の心配もありませんよ!



        そして、マッサージの後は、本日の夕食でございます。



        が、それは次回でご紹介しますね。



        ロサンゼルス直輸入の発声法
        「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
        「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

        http://tapua-vts.com







        タプア・ソウルツアーcomments(3)trackbacks(0)|-|-|by Misa

        タプア・ソウルツアー その3

        2009.08.06 Thursday
        0
          皆さん、こんばんは!

          タプア・ソウルツアーリポート続いております!


          こんな私的な旅行記をこんなに続編にして、誰が喜ぶね〜〜ん!


          タプアってヴォイストレーニングスクールやったんちゃうのんか〜〜い?


          もっと、発声に関する有益な情報とか、

          せめて音楽ネタを提供するとかやったらどないですのんや〜〜〜!


          と、お叱りの声も聞こえてきそうですねっ、ウフフ。


          でも・・・・、


          楽しかったんだも〜〜〜ん♪










          さてさて、


          前回の「豚薄切り肉をたっぷりの野菜でヘルシーマキマキ焼肉」をたっぷりと堪能したチームタプアご一行様。


          満腹なお腹をさすりながら店を出た後、飲食店が立ち並ぶ「ノニョン洞」界隈を散策



          活きの良さげな海鮮を、美味しく食べさせてくれそうなお店がイッパイ!


          フラフラとご機嫌に歩いているチームタプア。



          いかにも、


          「私たちは日本人観光客でございます」


          って感じで歩いてたんでしょうね。


          店の前で呼び込みしている店員さんに「どうぞ〜、美味しいですよ〜」なんて日本語で声をかけられまくりました。


          お腹がイッパイじゃなければ、ハシゴをしたくなるようなお店ばかり。


          でも、あの野菜と豚肉とビールが胃の中で犇めき合って泳いでいるもんですから・・・。


          一口も食べ物なんて入る余地はありませんから。



          ノニョン洞の食堂街を端っこまで歩ききった後、「このままホテルへと帰るのもな〜・・・・・」と思った私は、皆さんに提案しました。


          「東大門」というエリアへ移動してみてはどうかと。


          眠らない街と言われている「東大門」。ファッションビルが立ち並んでいるらしいという情報を得ていたので、行ってみようかという事になったのです。



          しかし、


          ここでひとつ問題が・・・・。



          ホテルから野菜豚肉まきまきのお店へは、タクシーで移動したので、地下鉄の乗り場がわからないのです。


          しかも、ノニョン洞をさまよい歩いていたせいで、自分達が今どのあたりにいるのかわかっていなかったのです。


          全員、ワタシを頼ってくれているので、「ミサセンセーの行く方向についていきます!」モード満開。


          ココでギブアップして安易にタクシー移動を選ぶのは、ワタシのプライドが許さねぇ!(←アンタ誰やねん)


          って事で、


          ガイドマップをバッサーっと広げる。




          ・・・・・・・・・・・・・。




          えっと、



          ノニョン洞エリアの詳細地図が載ってないんですけど。











          愕然。






          そして、











          呆然。


















          汗。


















          しかし、ここでひるんではミサセンセーではないのだ!



          「み、みなさん、"あっちの方向"へ歩いてみましょうか。大丈夫ですよ。こういう大通りには、交差点付近に必ず地下鉄の出入り口みたいなのがポコッとあらわれますから。」




          "あっちの方向"とは、一体"どっちの方向"なのだろうと思いつつ、(←海外行ってまでエエカゲンな人やわ)適当に指をさしてみて、みんなを引き連れて歩き始める。





          3分ほど歩いただろうか、大通りに面した歩道に地下へと通じていそうな階段の入り口らしきものを発見!









          か・神様!










          「あ、あれたぶん、地下鉄の入り口やわ!」




          と、自信たっぷりに言ってのけてみた。




          「良かった良かった〜〜〜。」




          とみんなでその階段を降りる。




          すると、駅につながりそうな気配は全くなく、



          こんな所で屋台出すか!普通!みたいな屋台が3〜4件あるだけの、ワケのわからない地下の広場だったのだ。




          地下に降りきった階段のすぐ目の前に、地上にあがれる階段が存在していた。






          「て、てっきり地下鉄の入り口かと思ったわ〜、あーびっくりした!階段上がりましょう。」




          と言って、再びそこから歩き始めた。





          しかし、地下鉄の入り口らしき階段は、いっこうに現れる気配はなく、











          erai










          いや、ここであきらめてはイケナイ!

          でもタクシーはいっぱいあるし、そろそろギブアップして乗った方が賢明かもしれないなぁ、トホホ。




          と思っていたその時、





          「あ、あれ地下鉄の入り口とちゃうか!」



          と、オーナー。






          「え?ホンマに?どこどこどこどこどこどこどこどこどこどこどこ〜?」
          (何回どこどこ言うてんねん)






          と、視力約0.5の私は、目をこらしてオーナーの指さす方を見る。






          やはり、神は我々を見捨てなかった!





          そして、タプアオーナーが、一瞬とても頼りがいのある人に思えた!






          shinno
          ↑祝・地下鉄の入り口らしき所に到着〜〜〜!!!









          ホッと胸をなでおろし、地下へと向かう。




          すると、




          ものすごくキレイな駅構内ではないか!






          kankoku16





          kankoku14
          ↑こんなものまである。







          一体、どこの地下鉄の駅にたどり着いたのだろう。



          と思っていたら、なんと、つい3日ほど前に開通したばかりの「地下鉄9号線」の「新論峴駅」という所に辿り着いたのだった。




          しかも、開通したばかりなのか、駅構内の売店の前では、何も買わないワタシに「化粧用コットン」を一箱プレゼントでくれた。


          そして、開店割引SALEもやっていたようなので、それぞれノドが乾いたという事で割引でお水やドリンクを買ったりなんかして。





          ちょっと、トクしたんじゃない?




          なんて、自分に言い聞かせ、ミネラルウォーターをゴクリ。そしてさらにホッと一息ついたのだった。




          しかし、せっかく「東大門」に行こうって言ってたんだから、ここから地下鉄で移動しよう!という事で・・・・、





          kankoku15
          ↑東大門駅〜〜〜〜!




          無事到着。



          そして、とりあえず座りたい、とりあえずお茶したい、って事でカフェで休憩。



          カフェでは、明日は何を食べようか、どこへ行こうかとお喋りに花は咲き・・・・・、




          すっかりクタビレた私たちは、ファッションビルが立ち並んでいるっていうのに、ほぼ無視状態でサッサとホテルへ帰ったのは言うまでもない。






          明日は、ソウル一賑う街、「明洞」へ。




          タプア・ソウルツアーリポート、まだまだ続きます。(お願いだから続けさせて下さい)








          ロサンゼルス直輸入の発声法
          「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
          「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

          http://tapua-vts.com
          タプア・ソウルツアーcomments(0)trackbacks(0)|-|-|by Misa

          タプア・ソウルツアー その2

          2009.08.05 Wednesday
          0
            皆さん、こんばんは!

            タプア・ソウルツアー第二弾リポートでございます。

            そろそろ他のトレーナー達も各自のブログに旅行記をアップしている模様。

            ワタシの「青とうがらし生かじり・激辛ブサイクショット」が、どこかのブログにアップされてしまうのか・・・・(恐)



            さてさて、前回予告していた


            「豚薄切り肉をたっぷりの野菜でヘルシーマキマキ焼肉」


            またの名を(本名やっちゅうに。)「元祖サンパッチッ」へイザ出陣!


            実はワタシ、このお店に行くのは初めてではないのです。

            2007年のロス・ヴォイトレツアーの時、コリアンエアー利用だったのでストップオーバーして、1泊だけ生徒の「HらMら」さんと、もうひとりの生徒とワタシと3人で、韓国に滞在したのですが、

            その時に紹介してもらって食べに行った事がありました。

            それで、

            あまりの野菜の多さに大感激!

            そして、

            こんなに豚肉をあっさりといただけてしまうなんて!

            そしてそして、

            こんなに安く食べれていいものなのか!

            と、

            またいつか韓国に来る事があったら絶対食べに行きたいし、一緒に行く人を絶対に連れていってあげたい!と思っていたのでした。


            それが、約2年の歳月を経て叶いました。


            ごらんください!この野菜の量を!





            kankoku9
            ↑「完食できるものならしてみろ」的な出しよう・・・。





            まずは、凍らせた豚肉をうすくスライスしたものをタレにつけ、それを専用の鉄板で、ジュージューと焼きます。




            kankoku7
            ↑臼井トレーナーは、おりこうさんに焼けるのを待っています。






            さぁ、チームタプア、




            戦闘開始!









            kankoku10
            ↑ひたすら巻いて喰らう。の図




            kankoku7
            ↑焼くで焼くでぇ〜!焼きまっせ〜!





            kankoku8
            ↑食べる事に夢中で写真撮るの忘れてた清水トレーナー





            さぁ、このあたりで事件は起きた。



            このたっぷり満載の野菜群の中に、生の「青とうがらし」が3本ほど混入していて・・・・



            kankoku30
            ↑こんなヤツね。




            韓国では、これを生でかじる習慣があるのか無いのかは知らないが、以前にも生でコレを食べた事あるワタシは、平気でまずは1本完食。そんなに辛くなかったんです。



            それを見ていた好奇心旺盛な、Sトレーナー。



            自分のテーブルの近くにあった「青とうがらし」を




            パクッ!




            モグモグモグ・・・・




            ・・・・・・・・。








            ギョエ〜〜〜〜〜〜〜ェェェェェ!!!



            痛っ!痛!痛!痛っ!〜〜〜〜〜!!!





            口から目に見えない炎を吐き出さんが如く、ハァ〜ハァ〜とどこかに向かって息をはいていました。(Nice exercise!!!息をはける事は良いことです。)





            え〜、そんなに辛い?




            と、彼女がかじった「青とおがらし」を奪い、ちょっとカッコイイところを見せてやろうとパクリ。









            ガァ〜〜〜〜〜〜〜!!!

            ↑オーマイガァー!の「ガァ〜!」ね。





            比較的辛いものが得意なワタシもあまりの衝撃にビックリ。



            甘くみくびっていたが、かなりの暴君だった・・・・・。




            しかし、その激烈に燃え盛るような舌をなんとか冷やしたい。



            ビールを口に含む。


            少しおさまるが、2秒くらいしかもたない。



            どうしよう、どうしよう・・・・・といろいろ舌を冷やせるようなアイテムを探した所、



            ワカメがワタシの視界に入った。



            「これや!これを舌の上にのせれば痛さを回避できるかも!」



            と、舌の上にのせる。



            OH〜〜〜!!!見事クールダウンに成功した!!!



            ワカメが、ワタシの舌の痛みを相当やわらげてくれたのだった。



            目の前で、まだ痛いと辛そうにしているSトレーナーに、「わかめクール」をレコメンド。



            素直な彼女は、すぐにワカメを手に取り、




            「先生!こんな感じですかっ?」




            kankoku11
            ↑「妖怪ワカメ女」

            ※彼女の名誉の為、画像は小さめにしておきました。(あんまり意味ない?)





            その場の全員が、一瞬にして大爆笑になったのはいうまでもない。




            辛いだ痛いだといいながら、全員で10人前のお肉をペロリと平らげ、野菜も完食とは言わないまでも、残りわずかにして戦いを終えた、チームタプア。



            「また来るぜ。」



            と、誰が言い残したかは知らないが・・・・。





            次回へと続く。




            ロサンゼルス直輸入の発声法
            「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
            「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

            http://tapua-vts.com




            タプア・ソウルツアーcomments(4)trackbacks(0)|-|-|by Misa

            タプア・ソウルツアー その1

            2009.08.03 Monday
            0
              皆さん、こんばんは。

              8月、夏まっさかり〜ですね!そんな中、タプアスタッフ全員で韓国はソウルに旅行に行って参りました。

              臼井・清水・藤尾トレーナーが、タプアでトレーナーとしてレッスンを始めてから早5年。ご褒美旅行「お疲れさん&これからも頑張っていきましょうツアー」という事で、タプアオーナーから旅行のプレゼントをしてもらったのです!

              しかも、「キミたち3人で行ってきな〜!」って、お金をポンッと渡すような事はしないですよ!


              ガイドのように1日中、3人さんに楽しんで頂けるように、いろいろと手配をしつつ、仲良く5人で楽しい旅行へと飛び立ったのでした。




              関空で、「行ってきま〜す!」みたいな撮影をするのを忘れたので、早速ソウルのホテルからのリポートになりますっ!




              まず、今回泊まったホテルは「オークウッドプレミアコエックスセンター」という、長〜い名前のホテルでした。



              名前が長いだけあって超高級ホテルでした。(カンケーないか)


              なんと、6つ星ホテルなんだそうですよ。(そんなホテルが存在するのか)


              で、ホテルの外も中もほぼ撮影なぞするワケもなく・・・・(デジカメ可愛そうやんか)




              ホテル紹介のサイトから画像をひっぱってきました。




              kankoku29
              ↑外観




              kankoku13
              ↑ベッドルーム



              なかなか、キレイでしょ?


              kankoku5
              ↑唯一自分で撮影したキッチンの写真(なぜキッチンだけを撮影したんだろう?)


              リビングがついていて、100嵎造澆旅さでした!

              そして、部屋内にはトイレが2つもついていて、使い分け出来て最高!(何の使い分け?)


              バスルームは、シャワーブースが独立していて、そのシャワーブースに「スチームサウナ」がついていたのです。

              カラダが温まるのなんのって!バスタブももちろんデッカイのがついていたのですが、湯船につからなくっても十分温まりました。しかも、スチームのパワーでお肌プルップル!


              さすが、6つ星!設備も室内の作りも違いますね〜。

              トレーナーの皆さんは、お部屋に入るなり、テンションMAX↑だったみたいです。


              さて、ホテルのお部屋で少しゆっくりした後は、早速ソウル到着初日のディナーへと向かいます。


              ちなみにホテルの玄関先には、たくさんの高級車が停まっていて・・・・。


              kankoku6
              ↑「オレの車に乗ってきなよ!」


              みたいに見える写真を撮影。


              なんだか黒光りしたイカツイ高級車がズラズラ〜〜〜〜っと並んでましたわ。


              さてさて、本日のディナーは、韓国フリークの生徒、「HらMらさん」(←わかる人にはすぐわかる)に紹介してもらった、「豚薄切り肉をたっぷりの野菜でヘルシーマキマキ焼肉」っていうお店に行く事に。(ホンマにこんな店名とちがうよ。)


              その2に続く・・・・。




              ロサンゼルス直輸入の発声法
              「正しく歌う」より「楽に歌う」方がカッコイイ!
              「大きい声」より「響く声」って気持ちイイ!

              http://tapua-vts.com
              タプア・ソウルツアーcomments(2)trackbacks(0)|-|-|by Misa
               

              プロフィール サイト内検索
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              2627282930  
              << November 2017 >>
              新しい記事 コメント
              トラックバック
              アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
              qrcode
              オススメ オススメ オススメ Others ムームードメイン
                  

              ページの先頭へ